映画日記

2023-09-26 23:12:00

こんにちは、母さん

お待たせいたしました。やっと、映画が観られました(^^)

吉永小百合が全国の”母さん”にメッセージ「どうぞお元気で」 『母の日』に合わせ主演映画のビジュアル解禁 (中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

こんにちは、母さん

 

母親役が吉永小百合。

 

息子役が大泉洋。

 

牧師役が寺尾聰。

 

ホームレス役が田中泯。

 

息子の同僚役が宮藤官九郎。

 

監督・脚本が山田洋次。

 

 

山田洋次は92歳、

吉永小百合は78歳、

92歳(撮ったのは90歳くらいかしら?)の

監督が撮る映画というだけで興味がありました。

母親役ではあるけど

ヒロインとも言える吉永小百合が78歳です。

この映画がよかったら、

老いていくことへの恐れがなくなる?

とも思いました(笑)

 

 

とてもいい映画でした。

 

 

生きている限り

悲しみや苦しみは尽きないですが、

そういうことを飲み込まないで

ちゃんと悲しみ、ちゃんと苦しみ、

最後は打ち上げ花火のように自分の中で

昇華させて生きている母と息子の物語です。

 

※最後に花火のシーンがありましたが、

花火がなぜあんなにも人々に愛されるのか

わかった気がしました。

 

人の中にある強さや弱さが

様々な役者によって表現されています。

 

公開中ということもあり詳しく書けませんが、

ほんとうにいい映画でした。

 

余談ですが、実は私、吉永小百合さんって

人としてダメな役を演じられないので、

役者としては苦手なんです(笑)

でも、この映画の役は悪くなかったです。 

 

大泉洋は問答無用で良かったです(笑) 

 

 

【敬称略】